土地のことを知る手法

地盤調査を行うにあたっては、様々な手法で地中のことを調べる必要があります。
そのための手法の中でも、よく利用される手法が調査ボーリングとスウェーデン式サウンディング試験です。
これらの2種類を始めとして、他に様々な試験が行われます。
試験方法そのものは、調査を行う目的によっても変化してきます。
一般論としてよく利用されるのがこの2種類というだけであり、実際の試験方法の選択には専門的なアドバイスが必要です。
そういった意味では、土地のことを調べることに長けた業者を利用することは非常に重要です。
その分、調査方法の選択肢も多くて、更に調査に関するノウハウと経験値も有ります。
ですから、より信頼できる調査結果を獲得しやすいです。

様々な手法


建築を検討している施設の種類によっては、他にも適切な調査方法が有ります。
現地浸透試験と呼ばれる方法や、サンプリング、原位置試験などたくさんの手法が有ります。
この中でどれが良いのかは、一般住宅だとしても、木造なのかそれ以外の造法なのかで変化します。
さらに、建築したい対象が何なのかによっても変化します。

その中でも比較的オールジャンルに対応できる手法が、調査ボーリングとスウェーデン式サウンディング試験です。