データを元に精査する

今から利用しようと考えている土地は、本当に信頼できる物件なのか。
本当に不動産を建築してもよいのか、と思いとどまることは必ず有ります。
それが、自宅であっても投資物件であっても、また企業の自社物件であっても、共通して存在する不安です。

倒壊リスク


不動産には倒壊リスクが存在しています。
特に日本という土地柄では、地震が非常に活発に起こる地域です。
地震による被害は日本人ならばだれでも共通認識として持っているもので、倒壊リスクに目を向けたときには土地のことまで視野を巡らせます。
地震に耐えられる土地なのか?それを知るすべは、素人には存在しません。

必要性


だからこそ、地盤調査を行う必要があります。
この作業によって地盤を構成する要素を知ることが可能です。
しかしながら、その要素を知っただけでは判断しきれないのが土地の性能です。

ですから、地盤解析も行って、土地の詳細な情報を知ることが必要です。
それを知ることによって、本当の意味で安心できる不動産建築を進行させることが可能です。
自宅が倒壊すれば、個人の生活は失われてしまいます。
賃貸物件が倒壊すれば、オーナーに金銭的損失と、社会的損失を生みます。
自社物件が倒壊すれば、企業に金銭的損失と社会的損失を生みます。
いずれにせよ、建物が倒壊してしまって生まれる損失は非常に大きく、予め対策として土地性能から見直すことが重要です。