建築業界向け土地研究

地盤調査で手に入れることが出来る情報は、あくまでも地質の内容に関するデータです。
その地質がこうだから、このような状態です、という情報を得るにあたっては、その地質の詳細をデータから算出する必要があります。
この作業のことを地盤解析と呼びます。
そして、多くの調査業者が提案している地盤調査は、地盤解析業務までセットとして含めた上で取り扱っていることが多いです。
それをあえて分業することによって、より正確で、より安心感の高い結果を知ることが出来る可能性が高まります。

査定


その手法としては、まず建築物基礎の検討と呼ばれる査定を行います。
これは、建築基準法などに基づいて行われる査定で、建築物の基礎がどれだけの荷重に耐えられるかを診断します。
そして、建築を進行させた時にどのぐらい地盤沈下が起こるのかをシミュレートします。
それによって、一般の戸建住宅はもちろんのこと高層マンションを建設した場合など、建物に応じて想定される変化を知ることができます。

斜面の安定性


また、地球は平らではありません。
山あり谷ありと、様々な土地環境が存在しています。
ですから、斜面の安定解析を行うことも重要です。
防災や環境に関する工事などにおいては特に行われる作業で、斜面の安定性を測定します。

この他にも、土地利用のために必要な情報を得られる方法がたくさんあります。