6月 12

土地活用の前には必ず行いましょう

自分の持っている土地を活用をして夢の賃貸収入を得ようと思う方も多いと思います。土地に物件を建設する前には事前に地盤調査をおこわなければいけません。地盤調査をせずに土地活用の計画を進めてもいざ物件を建てようと思った時に地盤に問題があるので、建設出来ませんという事になりかねません。また、土地活用の計画を立てる際に地盤調査も入れておかないと後とから予算オーバーになることもあるので、注意が必要です。

低地の方は注意が必要です

低地には雨などが降った場合に四方八方から水が集中して流れこんできます。低地では長期間雨と一緒に流れてきた泥が積重ってできた地盤が存在する場合もあり、その様は地盤はかなり軟弱です。軟弱地盤の上に家が立っている場合突然地盤沈下などが起こる可能性があります。低地に住んでいる方で地盤の状態が心配な方は一度地盤調査をしてみてはいかがでしょうか?もし、軟弱な地盤だと判断されても地盤改良をすることで改善されるので、異常あり無しどちらの場合でも良い方向に流れていきます。

人工的に作られた土地は軟弱地盤の可能性があります。

広域の埋立地や人工的に作られた盛土などの人の手によって作られた地盤は元々ある地盤に比べて強度の低い軟弱地盤の可能性が高いと言われています。軟弱地盤だった場合、地盤沈下などが起こるリスクが高いので、人工的に作られた地盤に住んでいる人も1度地盤調査をしてみてはかがでしょうか?低地に住んでいる方同様どちらに転んでも良い方向にしか行かないので、地盤調査や地盤解析はお勧めです。

Comments are closed.