3月 30

軟弱地盤の深さ

地盤には、強固な地盤と軟弱な地盤があります。
軟弱な地盤とは、水を多く含んでいたり、細かい砂など出できている層で、地震による振動や建物の荷重に耐えることが出来ず、
家が傾いたり、被害が大きくなったりします。
地盤調査では、これらの軟弱な地盤がどのくらいの広さまで広がっているのかを調査することで、その後の改良工事の方法などを
左右する事になります。

地盤の中の異物

地盤の中に異物が埋まっていると、単純な地盤に比べて地盤の強さが変わります。
また、基礎工事を行ったりする場合に、工事が困難になる場合があります。
そこで、地盤調査を予めすることで、地中に埋まっている異物を予め確認しておき、取り除くことが可能です。

地盤の調査によって工事の方法も変わる

地盤調査によって得られたデータは、コンピュータや調査を行った地盤調査会社のスタッフの手によって解析が行われ、実際にその土地
の地盤がどのような構造になっているのかということを詳しく調べることが可能です。
それらのデータは、地盤改良工事の際に使われます。
地盤改良工事には、表層改良、柱状改良、鋼管杭工法などがありますが、これらの工事は軟弱地盤の深さなどによって使い分けられるものですので、
こうした地盤調査は身長、かつ確実に行われないと、効果的に地盤改良工事を行えなくなります。
もし、住宅を建てる為に地盤改良工事を行う場合は、信頼できる地盤調査会社に依頼することをお勧めします。

Comments are closed.